TIMEKEEPERのバナー

精工舎 SEIKOSHA

6. 中型上平金(石原町工場)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区石原町工場)
明治25年〜26年 文字板十吋
全高56p
八日持 打方付、 手書き文字板

出ました、十吋。 千葉県のK様が初出しな状態でリサイクル業者より入手されたものをご自身でオーバーホールされ、 その画像を送っていただきました。

掛金、振り竿、巻鍵以外は完全オリジナルと思われます。 貴重な資料です。

オーバーホール前の写真

ボタンをクリックすると拡大




手書きペイント文字板

商標は鍵Sのみ(TRADE MARK なし)

焼けてはいますがオリジナルのペイントが良く残っています。

ボタンをクリックすると拡大




文字板裏側

昔の人の指紋があちこちに確認できます

文字板が枠から外れかかっていたため、何箇所か修理(再固定)した後の写真です。オリジナルの文字板に間違いありません。

ボタンをクリックすると拡大




振子室

PENDULUM OCTAGON
EIGHT- DAY
CLOCKS,
MANUFACTURED BY THE
SEIKOSHA
ISHIWARA-HONJIO
TOKYO,JAPAN

ラベルの SEIKOSHA のOの上に - があるタイプです。

ボタンをクリックすると拡大




鈴台と振子

SEIKOSHA TOKYO JAPAN
振子の直径は64mm

鈴台は銘入りですが、型の精度が悪かったのか後年の柳島時代のそれとは雰囲気が違います。

ボタンをクリックすると拡大




機械全体

機械はぜんまいがいっぱいに捲かれた状態で不動、機械をケースに止めているネジは穴が四つでズレておらず、 何年もさわられてない様子。オリジナルの機械とみて間違いなさそうです。

ボタンをクリックすると拡大




機械拡大

ボタンをクリックすると拡大




機械拡大

ボタンをクリックすると拡大




分解開始 1

ボタンをクリックすると拡大




分解開始 2

ボタンをクリックすると拡大




分解開始 3

ボタンをクリックすると拡大




分解開始 4

ボタンをクリックすると拡大




分解開始 5

ボタンをクリックすると拡大




各部清掃

ボタンをクリックすると拡大




組み立て

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / ・ 次頁右向きの矢印