TIMEKEEPERのバナー

精工舎 SEIKOSHA

15. 第46號 中玉縁尾長(柳島工場製)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
明治30年代前期 文字板十吋
全高71cm
八日持 打方付、 ペイント文字板(扇Sマーク)

この中玉縁尾長は、亀甲尾長と並ぶ初期10吋尾長兄弟の片われで、シンプルながら味わい有るたたずまいです。

機械の地板は角が丸くなく(角があり)、数取り車が上に付く古いタイプ。 ガンギ車が打ち抜きなしの一枚板、振り子の長い大型の時計に良く見られるガンギ車仕上げです。
窓ガラスには、金彩でSEIKOSHA TOKIO. JAPAN.
振り子室ラベルは褐色の紙が貼られているが文字は確認できず。

10吋ペイント文字板

飾環―直角三角形型

ガンギ車は打ち抜きなしの一枚板

掛金

2本釘肩張り型

写真提供者様宅のチーちゃん

どうやら、明治30年代前期だニャン!

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / ・ 次頁右向きの矢印