TIMEKEEPERのバナー

精工舎 SEIKOSHA

29. 木目二重金尾長(柳島工場製)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
明治40年代初期 文字板八吋
全高56cm
八日持、打方付、 ペイント文字板(鍵Sマーク、印刷)
メダル2枚黒地金彩ラベル

振子室ラベルは黒地金彩の2メダルラベル。
機械は、白地ラベル同様な機械で鍵S刻印入りですが、アンクル押さえがL字棒型からL字平板型に変り、 下の機械足は二本ネジ穴タイプになっています。(この後の機械はみな同じ)

掛け金は細長2本ネジタイプ、ドアツマミの形が変わり丸環ひょうたん(環の内側がひょうたん型に抜いてある)の形です。 ケースは、尾長タイプで、杢引き(木目)塗装。木目二重金尾長と呼ばれるものです。

メダル2枚黒地金彩タイプの振子室ラベル

HIGH GRADE
EIGHT DAY
CLOCK
REGISTERED S TRADE MARK
MANUFACTURED BY
S E I K O S H A
TOKYO
GOLDMEDAL(メダル表) EXPOSITION DE HANOI(メダル裏)
AWARDED
BY
FRENCH
GOVERNMENT.

機械

地板の左下に鍵Sの大きな刻印

ドアツマミ

丸環ひょうたん型

(環の内側がひょうたん型に抜いてある)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / ・ 次頁右向きの矢印