TIMEKEEPERのバナー

精工舎 SEIKOSHA

10. 第廿弐號 中型木目二重金(柳島工場製)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
明治30年頃 文字板十吋
全高56p
八日持 打方付
商標刻印ナシ機械
手書き文字板
掛け金木ネジ一本タイプ

ひとつ前で紹介している「中型上深金」の少し後と思われる時計です。
文字板は手書きで特徴は上深金と同じ、振子室のラベルは太書体版です。 文字板の裏に「三十五年・・・」と修理履歴がありますので、時代は明治30年代初期頃と推定します。 八角の面取り縁と振子室外周に二重の金彩が回っていますが、殆んど剥がれています。

振子室ラベル

太書体版

商標刻印ナシ機械

石原町と同様の機械

掛け金

木ネジ一本タイプ
2の焼印の意味は不明

当時のカタログ

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / ・ 次頁右向きの矢印