TIMEKEEPERのバナー

精工舎 SEIKOSHA

12. 第廿八號 中型花(柳島工場製)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
明治30年頃 文字板十吋
全長55cm
八日持 打方付
手書き文字板
(左右TRADEMARKに鍵Sマーク、6時の上にEIGHT-DAY)
商標刻印ナシ機械

代表的なボンボンスタイルの時計です。
米国アンソニア社のオフィスNo.3をコピーしたもので、絵硝子時計の代表的な存在です。 国産ではこのタイプの時計に、各社とも「花」の商品名を使っています。
文字板は手書き文字板らしいアイボリー色で、手書きの特徴のレールやインデックスの上下の細い線が消えかかっています。 飾環は直角三角形型。 また文字板下部にはEIGHT-DAYと入るのが扇Sに移行する10吋の明治30年代前後からの特徴のようです。
機械は初期に似たもので商標刻印はありません。 振子室ラベルは太文字版、掛け金は一本タイプ、総合的に見て明治20年代から30年代への移行型といえるタイプです。

初期に似た商標刻印ナシ機械

太書体版ラベル

鍵Sマーク十吋手書き文字板と掛け金

10吋手書き文字板

飾環は直角三角形型
下部にEIGHT-DAYと入る
(10吋の明治30年代前後からの特徴)

掛け金

木ネジ一本タイプ小判型

当時のカタログから

中型の文字板は以下のように移行したようです。

十吋「花」

明治41年カタログより

「中花」

大正2年カタログより

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / ・ 次頁右向きの矢印