TIMEKEEPERのバナー

時計取扱方心得 明治25年

18. 18頁 - 各国時計の区別(続)

18頁

各国時計の区別(続)

は文明各国到る所異なるなし故に一時間は三千六百秒にして一昼夜は八万六千四百秒なり然れとも地球の表面は広大なるを以て 東西の区別により時間を一定する能はさるは実に万止むべからざるものなり地球経度の数は三百六十度にして二十四時間を以て 一回転するにより毎一時は十五度毎一度は四分時に相当す今現に各国有名なる都府の時間と本邦標準時とを対照する為め左に表を掲く

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / ・ 次頁右向きの矢印