TIMEKEEPERのバナー

時計取扱方心得 明治25年

12. 12頁 - 龍頭巻と鍵巻

12頁

龍頭巻と鍵巻

龍頭巻と鍵巻

龍頭巻時計の鍵巻時計に勝る事は普く世人の熟知する所なりと雖も大抵其勝れりとするの点は 馬上車上船上等動揺の甚しき所に於いても容易に大弾機即ち「ゼンマイ」を巻き得らるるの便利なるに帰する者の如し 其便利なるは素より爭ふべきに非さるも其利益に至ては決て此の如き狭小なる者にあらず若し器械が鹽分を受くるか 又は塵埃に触るる事あれば忽ち錆を生じ又は正しからざる運動を成し續く往々之れあり鍵巻時計は其鍵穴より潮風又は塵埃の入り易き為め 従来の経験によるも龍頭巻時計に比し損傷頗る多し之れ龍頭巻の鍵巻に勝る最大利益あるの所なりとす

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / ・ 次頁右向きの矢印