TIMEKEEPERのバナー

時計錦絵

17. 明治期鉄砲町時代

創作版画「明治期鉄砲町時代」

41x26.5cm
堀田時計店創業満100年記念 昭和54年刊
国画会会員 金守世士夫画伯自画自刻
摺師 小林竹芳洞 小林義昭 手摺
用紙 越前手漉き特製 鳥の子紙

明治期鉄砲町時代

掲載許可:株式会社ホッタ

名古屋の堀田時計店が明治16年に鉄砲町1丁目に移転して、明治28年にその店舗屋上に時計塔を設置した鉄砲町時代の様子を木版画に描いたものです。

この時計塔の機械は第二回内国勧業博覧会に出品、受賞され会場を飾った数少ない金田市兵衛作の国産時計塔であった事でも有名です。 明治錦絵調の雰囲気の出た時計塔傑作版画です。 この版画は額装でなく、たとう入りでした。

金守世士夫(かなもりよしお)先生略歴

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / ・ 次頁右向きの矢印