TIMEKEEPERのバナー

時計錦絵

11. 鳥毛(とりけ)もの見立て商売

鳥毛もの見立て商売

木版色摺
幾曉画 三錦堂版 36.0x23.0cm
明治24年 月 日印刷同 月 日出版
印刷兼発行者日本橋区南茅場町四番地 坂井金三郎

動物や鳥を擬人化して商売を見立てた版画

鳩の豆腐屋、猪の下駄屋、牛の肉屋、猫の三味線、象の靴修理、犬の火の用心、蛙の飛脚、羊の洋服屋、猿の林檎屋・・・、 動物キャラクターと明治時代の商売を合わせて、それぞれに一言しゃべらせたもので、遊び要素に満ちた明治中期の作品です。

時計師

時計師に選ばれたのは、時刻に正確な鶏さんです。 壁にはボンボン時計、手には懐中時計か、 「とけいやとはとんだ・・・・・モウなんじだらう?」 こんな感じに読めますが、・・・ 読める人読んで〜!

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / ・ 次頁右向きの矢印