TIMEKEEPERのバナー

時計錦絵

10. 新版開化職人ずくし

新版開化職人ずくし

木版色摺 34.0x23.5cm
御届 明治16年 月 日 本所区中ノ郷瓦町十二番地 石河直之

明治の新しい商売や職人を取り上げて紹介

明治時代に子供の教育を兼ねて作られた錦絵で「おもちゃ絵」と云われるものです。 仕立て屋がミシンらしき機械を踏んだり、理髪の看板がこの頃から赤白だったり、 洋傘屋や靴屋や錦絵摺り工にまじって活版師や銅板師も見えて興味深い。 この時代は、まだ近代工業が育っておらず、伝統手工業が中心ですね。 もちろん時計屋もあります。

時計屋

壁には舶来のボンボン時計があります。 作業机も工具もとてもシンプル。修理しているのは置時計でしょうか。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / ・ 次頁右向きの矢印