TIMEKEEPERのバナー

精工舎・服部時計店

15. 服部時計店仮営業所、大正12年11月

東京大震災実況、銀座より京橋

大正12年9月1日

大正12年9月、関東大震災直後の銀座4丁目。 中央の8階建ての鉄骨は、松屋が大正11年に賃貸契約した銀座ビルディングであり、服部時計店は、道路の左側、 一番下か、さらに下。

震災後の服部時計店仮営業所

昭和45年発行 服部金太郎翁傳覚書、平野光雄著より

関東大震災により銀座二丁目の仮営業所も焼失、9月中旬に服部時計店仮事務所を芝区新桜田町20番地の 日米自動車株式会社内に開設するが11月に銀座2丁目に服部時計店仮営業所を竣工、本格的に営業を開始する。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印