TIMEKEEPERのバナー

精工舎・服部時計店

17. 服部時計店と銀座大通り、昭和初期戦前

帝都随一の繁華街 銀座通り

手前左が服部時計店、奥が昭和5(1930)年竣工の銀座三越。昭和8〜10年頃の絵葉書のようです。

東京銀座街

裏に「偲べ戦線固めよ銃後」の標語が入ってますので昭和12,3年頃のものでしょう。 裏腹な銀座の華やかな賑わいが嘘の様です。

銀座尾張町

昭和7年9月号主婦の友付録絵葉書

銀座通りといふのは、北は京橋の袂(たもと)から、南は新橋駅付近までの総称で、その中心をなすのが、 銀座四丁目、即ち尾張町の交差点であります。 右の白い建物は、新装成った服部時計店で、左手に見えるのが東京朝日新聞社です。

服部時計店の前です。並んでいる自動車は円タクでしょうか、日本の風景ではないみたいで、海外と勘違いしそうです。

Ginza Street 新大東京名所 銀座大通り

絵葉書(着色写真)

「・・さて銀座は、もう東京の銀座ではない、日本の、否世界の銀座であるかもしれない事程左様に文化の中枢、 流行の尖端を行く繁華な街であると言って置かう。」 事程左様な説明が絵葉書に書いてあります。

銀座大通り

服部時計店時計塔 昭和15年頃

日本二千六百年史の幟がありますので、紀元二千六百年記念行事を行った1940年(昭和15年)頃の写真と推測できます。

(大東京)銀座大通り
The Main Street of Ginza

服部時計店時計塔 昭和15年より少し後?

京橋新橋間八町の銀座は帝都第一の繁華街、昼夜都人の好慢歩地で銀ブラの名があります。 【左】服部時計店 【右】三越と松屋

銀座街の盛観
The Ginza Street.

絵葉書

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印