TIMEKEEPERのバナー

精工舎・服部時計店

11. 服部時計店営業一覧、初版、明治35年9月16日発行

表紙

奥付

服部時計店が精工舎カタログとは別に独自に発行した服部時計店取り扱い品 (精工舎時計、輸入舶来時計、時計鎖、金杯銀杯、宝飾品、眼鏡、測量機械、望遠鏡など)の図版入りの詳細なカタログの初版。
この服部時計店営業一覧は全国の小売商に配られ、このカタログによる代引き通販方式は好評を博した。 小売業界に改革をもたらしたと言われている記念碑的カタログである。

服部時計店の時計塔と塔時計機械

服部時計店の時計塔とその機械

二図 フランス機械 分銅引き大時計

この35年営業一覧の図版の最初の第一図がこの服部時計店の時計塔とそれに使われたと思われるイギリス製?塔時計機械、定価表には F1-屋根四方時計の機械、エト径3尺より6尺、四百円 とある。
カタログ図版の二図は掛時計コーナーのモービエクロックでも紹介しているフランス機械の分銅引き大時計が載っている。

12. 服部時計店時計塔図版、大正2年

四方時計

大正2年の精工舎のカタログ図版の時計塔。
機械が明治35年版図版と比較すると明らかに変っている。機械が変えられたのか、詳細は不明。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印