TIMEKEEPERのバナー

材料より観たる時計

13. 頁64〜69

時間の試験及び調整

時間の試験及び調整

〔64頁〕


不利な地位に在るかを痛感せずには居られませぬ。

欧州の組立員は一般に審査人と云われて居りますが、彼等は寧ろ鑑定の才能を要します。 彼等の組立てる品は製作も仕上も正確な保証のないものでありますから、 従って彼等はその品物に関する不足な知識と単なる外観を土台として或る部が器械の他の部にしっくり当て嵌って、 具合よく行くかどうかを見定めなければなりません。 これは欧州製の時計は寄せ集めて、即ち前にも〇々述べた様に器械の各部分品が方々の小工場や家庭で手工機械によって造ったものであるが為であります。 されば一定の標準に従うでもなく、理想を立てるでもない。 斯くして欧州時計の購買者はこの災厄を蒙るわけであります。

試験及び調整(TIMING AND ADJUSTING)

時計が世に出て其の役目をなす前に受けねばならぬ試験があります。 即ち位置及び温度の変化に対する試験であります。

五つの位置の試験とは、時計の表面を下に向けた場合、上に向けた場合

〔65頁〕


及び時計を立てた時に於ける三つの異なった方向の場合に於いて、 その何れに置くも常に時間の正確を維持するや否やを試験することであります。

又温度に対する試験は最も興味を惹くでありましょう。 こうしてウオルサム時計が如何なる気候風土にても正しい時間を報じ得る一因を為して居ます。 多くの世界の探検家が好んで此の時計を所持するも亦此の理由に外ならぬのであります。

ウオルサムの時計は三種の温度に対して調整されてあります。 それで寒帯地から温帯地方に又は熱帯地方に持って行っても、指針の進行度に変化を来すような事なく、 それぞれの変わった気候のもとに於いて、常に正しい時を報じます。 その調整方法は、総ての時計を一定時間夫々平均華氏四十度、六十六度、九十二度の温度に於いて運転せしめます。 そして若し少しでも差があれば調整され、始めて信頼すべき伴侶として世界の何処へでも携帯し得るようにされるのであります。 此れ等の検査や調整に対する設備は世界に類ひなきもので、その巨大精妙なる冷却装置の如き、世人の夢想だもし得ないところであります。 而も諸君はウオルサムのこの部を訪るる時之を観ることが出来ます。 諸君は旅行や転居に際して多分諸君の時計の試験

〔66頁〕


などはされないでありましょうから、予め此装置は諸君の為めにそれを試験するのであります。

多くの欧州時計は此の完全なる方法、正確なる検査や調整の方法を欠いて居ります。 故に欧州時計は一定価格では鉄道会社の注文通りの標準---即ち温度位置等を変えて試験しても一週間に三十秒以上の狂いのなきもの--- には応ずることが出来ません。 全世界の鉄道に於いて使用せられるウオルサム時計は、同じく使用せられる他の総ての時計を合わせたよりも多いと云うのは、これが為めであります。

ウォルサム時計は恐らく同一工場で製造も組立もせられる唯一のものでありましょう。 販売数も既に幾百万に達して居ります。 其一個々々が会社を出る時には必ず番号を打たれます。 此の番号は何処迄も時計について廻ります。 時計がどこへ行こうとそんなことは問題ではありませんが、それに刻まれた番号は常に其責任を保証して居ります。

〔67頁〕


賞牌

賞牌

〔68頁〕


賞牌(MEDALS)

ウオルサム会社は時計のあらゆる型をつくった米国に於ける先駆者であります。 全世界を通じて最も有名な又広く知られて居るが為めに最も模範となる時計であります。 その修繕は容易で、その品質は一定であります。

其の方々の大博覧会で得た賞牌の数は他の総ての時計の受けたる賞牌を合わせたよりも多く、 優等な時計に一新生面を開きました。 現時広く時計界の公共財産とも称すべき幾多の改良発明は、ウオルサムの研究所で生じたものであります。

それは全世界の指揮者となると云う吾米国の伝統を高く維持したのであります。 外国の鉄道時計委員が最高度の構造と正確性との代表的の物として選んだのは即ちウオルサム時計で、 我米国を時計製造に於いて世界の主位たらしめたるのみならず、 時計はこの世界に類ひなきウオルサムを選ばねばならぬと云うことを世界の人々に確信せしむるに至りました。(了)

〔69頁〕


PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / ・ 次頁右向きの矢印