TIMEKEEPERのバナー

数回打目覚時計 : INTERMITTENT

11. 数回打目覚切替式 【尾張時計】

資料 1 鳥と菱形にJOの2つの商標

ボタンをクリックすると拡大





数回打目覚切替式

尾張時計

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
尾張時計(株)矢田工場
(名古屋市東区矢田町)
昭和初期から戦後の昭和20年代まで 直径12.0cmと13.0cmがある 毎日巻き 目覚付(間欠切替式)、 ニッケルメッキケース、 板ガラス、 紙製文字板

正面左側のレバーの切り替えでリピート(間欠:REPEAT)とロングアラーム(連続:CONT)と目覚の鳴り方を替えることができるタイプ。 右側のレバーはザラガンギ車を直接ロック・解除するもので、鳴る(ALARM)と止める(SILENT)です。 直径12.0cmと大型の13.0cmの2種類があり、こちらは12.0cmの普通のタイプです。

Dial

鳥と菱形JO(大沢商会) の2つの商標がある

ボタンをクリックすると拡大





Movement

刻印なし

鳴り方の制御をしているのは、左上から垂直に下に降りている棒ですが、この部品の設定がとても微妙です。 部品の曲げ方のちょっとした角度の違いで、切り替えが出来ずに連続だけになったり、 それを修正しようと反対に曲げすぎると、時方の運行の抵抗になって時計の止まりがでますので、 職人の勘のような設定が求められます。笑

菱形JOは大沢商会(京都)が販売したもの

ボタンをクリックすると拡大




J.OSAWA Co LTD.

広告の写真の時計には鳥マークが無いようです。

資料 2 大型

文字板には、三菱のマークと「完全飼料」

直径が13.0cmある大型のタイプです。 尾張の商標はどこにもありません。どこかの会社の記念品としてマークを入れた特注品のようです。

切り替えスイッチと機械

間欠・連続の切り替えと
アラームのON/OFFスイッチ

キンツレに似た機械(資料1と同じ)

当時の資料

尾張時計四吋数回打目覚時計

今津時計店 昭和11年6月号のカタログより

尾張の夜光支は精工舎製より値段が高かったようです。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印