TIMEKEEPERのバナー

スイスの時計産業

新条例下のスイス時計産業

1952年の条例による(中間階級的)構造維持から61年の新条例による国際市場での競争拡大への政策転換が少なからぬ経営者によって不承々々認められたものであることは、 新条例が成立し、それに伴うすべての組織替えが行われる前に3年の長い間激しい論争が続けられたことからよくわかる。 今なお歯車を逆転させようとする者もいるのである。 かかる状態の下で業界紙「Die Schweizer Uhr」の一論文の中で、承認制撤廃の期間は恐らく守れないだろうと書かれた時にはセンセーションを捲き起こした。 Die Schweizerische Handelszeitung はこれを激しく批難し、条例に定められた期間は国会を通してしか延長されえないものであり、 また決して延長すべきものではないと書いた。

連合体機関紙「Der Arbeitgeber」は、その時計産業に関する報告の中で次のように述べている。 「(カルテル法案の中で)偉い経済学の先生方によって宣言された「競争を可能にする」という善行は一つの隘路にはまり込んだ。 即ち時計の目に見えない価格の下落を招いたのである。目に見えないというのは、統計による平均価格は上がっているけれども、 企業家の収益は、いろいろ厳しい要求に応じなければならないために、却って減少しているからである。 我々はこれが一時的な現象であることを願い、品質検査に伴う時計業界の全般的利益が、業界に負わされた義務によって生じる出費と釣り合いが取れることを希望する」 (即ち、統制規定は緩和されることが望ましいというのである)。

この記事を書いた人は、7月1日に発行した「Accords horloggers(時計業者協定)」についても解説している。 この協定は、ほぼ30年来3大連合体のFH,エボーシュ及びUBAH間の関係を調整して来た「時計協定」の後身である。 この時計協定を人々は皮肉を込めて「呪われた協定」と呼んでいる。 名称の変更からして既に、以前とはその目標が異なっており、つまり下部連合体及びその加盟員に対し一層大きな自由を与えるのが新しい目標であることは明らかである。 全体協定はもはや多数の下位協定を締め括る大枠を支えるものにすぎない。 「業者協定」は私法上のものであり、固定法を補足するものである。 従ってこの協定が時計条例発効後半年遅れて発行すべきことが予定されていた。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /