TIMEKEEPERのバナー

スイスの時計産業

スイス時計産業の構造

歴史的回顧

スイスの時計産業の歴史は400年前に遡る。 その遥籃の地は宗教改革者カルヴィンのジュネーブである。 彼の教えは贅沢に罪悪の刻印を押した。 かくてジュネーブに栄えていた装飾品工業は死刑を宣告されたのであるが、この工業にたづさわっていた手工業者たちは、 もしその替りに小さな時計という新しい発明品が提供されなかったならば、失業したに違いない。 この時計工業はいかなるギルドの拘束からも離れて自由に成長し、最初から分業を採用し、 部品の制作はヴァートに至る田舎の小規模な手工業者にまで割り当てられた。

この徹底した分業化はスイス時計産業の独特な特徴として今日に至るまで続いている。 ジュネーブのこの時計製造業者と販売業者に対し18世紀に初めて当時はプロイセンの支配下にあったノイエンブルク州に新しい競争相手が生まれた。 ここでも分業方式が採られ、ジュラ山脈の谷間の貧しい百姓たちにも副業が与えられた。 ナポレオンの支配は、特にその大陸封鎖によって、隆盛を極めた時計産業に沈滞をもたらした。 フランスの桎梏から解放された1815年以後、国家が保護措置を加えたことがあるが、これは失敗に終わった。

既に自由貿易の時代が始まっていたのであり、これは一面時計産業に対し強力な飛躍をもたらすと共に、多面また多くの危機をももたらすことになったのである。 スイス時計は世界的に有名となり、その生産地は発生地であるフランス系スイスの諸州を越えてドイツ系スイスまで伸び、ベルヌ地方のジュラ山脈、バーゼルラント、 シャフハウゼン、又その支脈がテッシンにまで拡がった。 ピールとその周辺はスイス時計産業の中心地となった。 百年前までは純粋なドイツ語系であったピールはフランス系時計会社とその従業員の移住によってフランス語が主に用いられる2ヶ国語系都市に変った。

第1次対戦後、交代が生じた。自由貿易の風潮は衰え、企業連合の方式が国家権力の介入と共に拡がっていった。 第1次大戦後の3年間時計産業は短い盛況を経験するが、やがて手ひどい危機に見舞われた。 かくて自衛手段として組織的な企業連合が発生した。

第1図を見れば過去40年の間にカルテルや企業組合及びその下部カルテルや下部組合などの網目がどのように密接に織りなされていったかが判るであろう。 時計産業に関する新条例が表現している改革を理解するには、在来の形態をかなり詳しく分析してみる必要がある。 なぜなら基本構造においては何ら変わっていないからである。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 /