TIMEKEEPERのバナー

林時計製造所〜名古屋時計株式会社

3. 木目平金 HAYASHI ICHIBE(林時計製造所)

八角合長型(木目平金)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
林時計製造所
(名古屋)
明治20年代後半(推定) 全長 53cm、文字板八吋 八日捲き、打方付、 文字板はオリジナルでない

背板のラベル

修理履歴のシール

明治から昭和初期まで確認できる

この時計は、上画像のように背面にI,HAYASHI nagoya AICHIKENとラベルがあり、 その他に明治から昭和初期まで修理履歴のシールがびっしりとあって、年代が詳細にわかる貴重なものです。 一番古い修理票は明治37年です。
愛知県産の時計には明治36年に愛知県時計製造共同組合が結成され、以降、 愛知県の時計には 「AICHIKEN CLOCKMAKERS’UNION’S MARK」 と書かれたラベルが背面に貼られてきます。 ラベルの種類は明治〜戦前までが四種位あり、デザインは同じままだんだんと時代とともにラベルの大きさが小さくなっています。
このラベルの大きさでもある程度時代が分かるといわれていますが、この時計には愛知県時計製造組合シールはついていません。

振子室ラベルと機械

HAYASHI ICHIBE
NAGOYA,AICHI

AITIKEN HAYASHISEIZOの刻印
アイチケンのローマ字のNの文字が逆さま

4. 金筋鋲打 HAYASHI ICHIBE(林時計製造所)

八角合長型(金筋鋲打 ― 仮称)

こちらは、振子室扉が上に開くタイプ。 機械は、上の木目平金と同じ刻印付。 こちらも、アイチケンのローマ字のNの文字が逆さまになっていて、 刻印の大きさや、書体も全て同じなので、この刻印はこれしか無いのかも知れない。 打刻は一字一字刻印してるのでは無く、おなじ一体の文字のタガネを使ってしてるのではないかと思われます。
振子室ラベルも上の木目平金と同様。 背面板は愛知県時計製造組合ラベル確認できず。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / ・ 次頁右向きの矢印