TIMEKEEPERのバナー

林時計製造所〜名古屋時計株式会社

7. 八角合長型 日の出鶴(林時計製造所)

八角合長型 日の出鶴

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
林時計製造所
(名古屋)
明治20年代後半(推定) 全高55cm、ペイント文字板十吋 八日捲き、打方付

明治24年には松山町に工場を移転し、初めて動力を設置して、 林時計製造所と改称しました。
振子室ラベルは初期のラベルと言われている日の出鶴。 明治27年に一番最初に登録された商標ですが、精工舎の丸エスと同じく、登録以前から使われていたと思われますが何時からかは不明です。 時計の背面にも同様なラベルが有ります。

時計の背面のラベル

I.HAYASHI
TRADE MARKに日の出鶴の絵
Manufactured by NAGOYA AITIKEN JAPAN

振子室ラベル

日の出鶴ラベル

Manufactured by the
I. HAYASHI.
NAGOYA JAPAN
日の出鶴商標

機械

刻印ナシ機械

機械はオリジナルで、HAYASHI SEIZOと刻印が有る物と類似してるが刻印なし。 ボン針台にはAITIKEN HAYASHI SEIZO の名前入り。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / ・ 次頁右向きの矢印