TIMEKEEPERのバナー

八角型 テンプ振

9. 船時計(ニッケル側・イブシ側) 【精工舎】

No.287 船時計ニッケル側

No.287 船時計ニッケル側

メーカー 製造開始年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京)
昭和初期 外径 六寸五分 毎日巻、天府振時打、 銀色文字板六吋(張替えられている)、 面取厚硝子入

八角時計の機械を使用した毎日巻天府振時打付きの船時計です。 軍用のように刻印やスタンプ類は見当たりません。 枠はニッケルとイブシの二種類がありました。

文字板は本来ならば銀色文字板かペイントだったと思われますが、 形跡もほとんど無く別物が貼られ交換されていたので、改めて制作しなおしたものです。

No.288 船時計イブシ側

No.288 船時計イブシ側

こちらは、イブシ枠で、枠には「横 航 ・・・」と刻印が入っています。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / ・ 次頁右向きの矢印