TIMEKEEPERのバナー

八日捲 テンプ振

17. 夜光一週間捲一型丙 【精工舎】

夜光一週間捲一型丙

メーカー 製造開始年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京)
昭和初期〜20年頃 外径 14.0cm
厚さ 6.5cm
一週間巻、打方ナシ、夜光文字板、 面取硝子

乙と同様に艦船用時計。 夜光文字板で「夜光一週間捲一型丙」とあります。 乙と同じ HIGH PRECISION の機械ですが、 地板が真鍮ではなく鉄製で、すべてのホゾや一部のネジ穴は真鍮を埋金し、全体を黒染めしいるようです。 これは、事変により昭和13年8月に公布された銅使用制限規則が影響しているように思えます。 ケースはアルミ製で乙より直径が5.5センチ小ぶりです。

文字板

MADE BY SEIKOSHA, TOKYO, JAPAN.

豊川海軍工廠(とよかわかいぐんこうしょう)、錨スタンプ・呉、航 の刻印があります。

一週間捲機械

鉄製黒塗り地板

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / ・ 次頁右向きの矢印