TIMEKEEPERのバナー

角形オルゴール/目覚/時打/両打

18. 角形両打 VICTORY印 【高野金属品製作所】

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
合資会社高野金属品製作所
(名古屋)
大正2年以降(昭和初期?) 高 五寸
巾 四寸三分
毎日巻き、時打(正時と半打ち)目覚
真鍮蓋ニッケルメッキ側、 VICTORY 印

文字板に「VICTORY」と「BOTH SOUND」とあります。 機械の地板には刻印はありませんが、残っていた紙製の外箱にMADE IN JAPANとあり、 機械地板の中央上部がY字形であることから高野と思われます。

BOTH SOUND とは、時打と目覚の両方の音が鳴ることを表しているものと思われます。 時打と目覚の両方が付いた機械は、「両打」と呼ばれ、ユンハンス等のドイツ製にはありますが、国産品は非常に少なくはじめて見ました。 輸出用のモデルだったのかも知れません。

文字板と機械

VICTORY

BOTH SOUND

時打目覚

地板に刻印なし

機械は全舞が三つあります。左が時計、右が時打、下が目覚です。

底のベル

底に補強の鉄板がある丁寧な作り

打玉がまん丸なのが特徴です。打玉が二つあるため、通常の形だと台から機械を外し難いため、まん丸にしたものと思われます。

外箱(蓋の横側)

BOTH SOUND
VICTORY
MADE IN JAPAN

ボロボロですが、奇跡的に紙製の外箱が残っていました。 "EXD"(おそらく検査済の意味)の印と"竹田"の印があります。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印