TIMEKEEPERのバナー

角形オルゴール/目覚/時打/両打

15. 角形時打 NS印 【名古屋商事】

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
名古屋商事株式会社
(名古屋)
昭和初期 高 五寸
巾 四寸三分
毎日巻き、時打(正時と半打ち)、 真鍮蓋ニッケルメッキ側、 NS 印

楕円の中にNとSが重なった商標。名古屋商事の角形時打です。 機械はもちろん精工舎のものでも高野のものでもなく、自製機械と思われます。 角形置時計の国産メーカーは、精工舎と高野だけと思っていましたが、名古屋商事もあったのですね。

枠は一般的ですが、小判状の面取り硝子がはめ込まれていて、テンプの動きが見えるタイプ。 文字板はこの時代一般的であった紙張りでなく、ベースの鉄板に薄いアルミの板を重ねています。

機械は正時と半打ちの時打付き。国産らしからぬしっかりとした天輪が好印象です。

機械

機械正面(文字板側)

機械裏面(裏蓋側)

地板に刻印なし

当時のカタログ

ボタンをクリックすると拡大




昭和10年 名古屋商事輸出用カタログより

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印