TIMEKEEPERのバナー

角形オルゴール/目覚/時打/両打

5. 角形オルゴール 桔梗印 【名古屋商事】

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
名古屋商事株式会社
(名古屋)
昭和初期 高 五寸
巾 四寸三分
毎日巻き、オルゴール付(曲譜 : 靴が鳴る)、 真鍮蓋ニッケルメッキ側、 桔梗印

名古屋商事の角形オルゴール置時計。 商標は、林時計の時代から引き継いだ桔梗印を使用しています。 文字板はアルミで、これは名古屋商事の特徴のようです。 名古屋商事製の置時計は数が少ないので、角形オルゴール置時計はこれが初めての確認になりますが、 オルゴールについて興味深い発見がありました。

オルゴールの曲譜は精工舎製にもある「靴が鳴る」、製造メーカーは、スイスのメルモードフレールです。 メルモードフレールのオルゴールは精工舎も明治から大正にかけて搭載していました。 この時計の製造年代は、おそらく昭和初期頃。 同じ頃の精工舎や高野の製品に搭載されているシリンダーオルゴールは、皆無印のようですので、 この時計は時計本体より古い時代に製造されたオルゴールを搭載しているような気がします。メルモードフレールの在庫処分品?(笑)

機械

シリンダーオルゴール

MERMOD FRERES 製

☆とその中に○の刻印

靴が鳴る

おててつないで
野道を行けば
みんなかわいい小鳥になって
歌をうたへば靴が鳴る

花をつんでは
おつむにさせば
みんなかわいい兎になって
はねてうたへば靴が鳴る

当時のカタログより

桔梗印 角形目覚

No.108A
ニューム支 (アルミニューム支)

昭和12年11月15日発行12月号
名古屋商事株式会社通信販売部発行

桔梗印 支三吋半 ニッケル側

No.108B 目覚 / No.108C 時打
セルロイド文字板

昭和12年11月15日発行12月号
名古屋商事株式会社通信販売部発行

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印