TIMEKEEPERのバナー

時計の栞

3. 時計の産地と其の種類

時計と云えば瑞西を思い起こさせるように、瑞西は時計の本場だけに其の生産額は世界第一であります。 尤もそれが為に瑞西には数多くの時計学校までも設立されて居る位ですから、全国を挙げて時計の製造に従事していると申しても敢て過言ではありますまい。 従って瑞西製の時計には高級から実用品等取り混ぜ何千種に及び多種多様に亘って盛んに各国に輸出されて居ります。

我国へ尤も多く輸入されますものも大部分は瑞西製で他の一部は米国製品であります。 この外独逸からも掛置時計は輸入されますがそれ等はホンの一部分に過ぎません。

瑞西製品は形や機械に優良なもの、多趣味なもの、斬新なものが多く、生産費も比較的低廉でありますから、 世界各国の市場に瑞西製品が圧倒的勢力を有しているのも宜なる哉でしょう。

米国製品は堅牢を以て信用があり、実用品として愛好されて居りますが比較的高級品のみであります。 下級品は日本には極々少数より輸入されて居りません。 そして其の製造会社には大規模のものもありますが、会社数は至って少なく、生産額に於いても到底瑞西のそれには及びません。

我国に於ける時計工業は湿度その他天然物資の潤沢ならざる等幾多の難関にさえぎられて殆んど不可能の如くされていたものでありましたが、 之れは全く痴人の夢であって近来に於ける我が国産時計は長足の進歩と発達を遂げまして外国品に比して毫も遜色なく、 既に掛時計や置時計は大部分の輸入品を駆逐しその余力を駆って支那又は其の他外国に輸出される様になりましたのみならず、 目下最も需要の多き懐中時計及び腕時計の精密なものに対しても面目を一新しまして着々と生産の増加を来しつつあります。 試みに国産時計が如何なる道程にあったかを下の統計に表してみましょう。 これに依って見るとその発達の経路が一目瞭然といたします。

大正八年以降内地各種時計及同部分品生産高

(単位数量は個、金額は円)

広告の部

ULYSSE NARDIN

ELIDA

WALTHAM

ROX

SEIKO

東洋置時計

ALTUS

レオニダス

コメット

DOXA

シチズン

WYLER

FINITA
MONTILIER

バルカン

ハフィス

タバン

ミドー、
ヘンリーブラン
エレクション

MOVADO

ELGIN

TISSOT

OMEGA

FRECO

SOLVIL

JUVENIA

ZENITH

ROLEX & MARCONI

LONGINES

KIENZLE

   

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36 / 37 / ・ 次頁右向きの矢印