TIMEKEEPERのバナー

吉沼時計製造会社・東京時計製造

6. 吉沼商店営業要覧 明治35年

吉沼商店営業要覧

明治35年6月

吉沼商店の取り扱い時計と金杯銀杯などの装飾品などの絵入総合カタログで服部時計店より早く、天賞堂などと同じくこれらの カタログを全国の時計店に配り、代金引換郵便の通販の先駆けとなった。 服部時計店営業一覧のカタログ(明治35年より)の代金引換郵便の通販が時計小売業界に新しい革命をもたらしたと伝えられている が実は吉沼のほうが早かったのである。 このカタログは吉沼商店の末期のもので、住所はすでに最後の移転先の南伝馬町になっている。
裏表紙にはハガキにある日本橋通2丁目の煉瓦造り本店の内部が描かれ、当時の店内の様子が窺い知れて興味深い。 天井からシャンデリアやガス灯が輝き、壁に四つ丸やスリゲルがズラ〜リ・・・こんな陳列場にタイムスリップしてみた〜い。(笑)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / ・ 次頁右向きの矢印