TIMEKEEPERのバナー

京都時計製造株式会社

8. 十吋八角尾長(明治34年以降)

資料 1

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
京都時計製造所(合名会社)
(京都市上京区二条川端東入聖護院)
明治34〜36年 全長71cm、全幅38cm
文字板十吋
八日持 打方付
ペイント文字板

京都時計後期の十吋八角尾長。
文字板の☆にKCの商標は、明治33年に尾張時計との合併を前提に会社を解散して敷地を売却するが合併は実らず、 合名会社に改組移転した後のものとされていますので、この時計はそれ以降のものと思われます。

背板には、登録商標と思われるシール跡と、その左下にも何か貼られていたようですが、今は残っていません。 機械は数取り車が下で地板に刻印が有りません。やはり後期の機械には地板の刻印がないようです。 振り子は鋳物本体に真鍮張りの普通の重錘ですが、裏に「ぬ」の墨文字があります。

振子室ラベル

EIGHT-DAYS,
PENDULUM OCTAGON
CLOCKS,
MANUFACTURED BY THE
CLOCK MANUFACTURING JOINT STOCK COMPANY
KYOTO,JAPAN .
THE CLOCKS AND WATCHES MANUFACTURED
BY US ARE WELL KNOWN AS BEING
PERFECT FINISH AND EXCELLENT
TIME-KEEPERS.

京都時計はこのラベルの数が多いようです。

機械と振子

刻印なし機械

振子

「ぬ」の墨文字がある

写真提供 : amanoさん

資料 2

異ラベル

全高56cm、振り子室窓は A WEEK の金彩

資料1の少し後の製品と思われます。 振子室ラベルはそれまでとは雰囲気がガラリと変わっています。 会社名は "KYOTO CLOCK FACTORY" と表現されてます。 文字板は張り替えられておりオリジナル不明です。☆にKCの商標であったと思われます。

振子室ラベル

EIGHT・DAYS
PENDULUM OCTAGON
CLOCKS
MAN*FACTURED AT THE
KYOTO CLOCK FACTORY
KYOTO, JAPAN
OUR CLOCKS ARE WELL KNOWN
AS BEING HANDSOME PERFECT
AND DURABLE
TIME KEEPERS.

機械

刻印なし機械

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / ・ 次頁右向きの矢印