TIMEKEEPERのバナー

特殊用途・機能

9. 時報時計・ラヂオ時計

No.112 時報時計一名ラヂオ時計の特徴

実用新案特許第二九一八一号
時報時計 三吋半
セルロイド文字板

昭和12年11月15日発行12月号
名古屋商事株式会社通信販売部発行

本品は当社時計部の考案に依るものでありまして一分より一時間に至る何分間でも時報針を合せて置けば呼鈴が鳴る様構造されて居ります。 例えばラヂオで必要な放送を聞く時アナウンサーが「何分後御待ち下さい」と云った場合、 御飯や卵の半熟、茶碗蒸を拵える場合、医師の方々が患者に検温器、太陽燈、レントゲンを用いる場合に使用すれば至極御便利と存じますため 「時報針」を五分なり十分なり其の所要の分数だけ長針より進めて置けば其の時刻が経過すると呼鈴が鳴りますから大事な放送を聞き漏らしたり 御飯や卵の半熟、茶碗蒸の出来損じは決してなく医師の方々も時計を見詰めて居る必要がありませんから万事時間の節約が出来日々合理的の生活を営む事が出来るかと存じます。

面白い広告です。実物をみたいですね。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / ・ 次頁右向きの矢印