TIMEKEEPERのバナー

戦前戦後

12. KH印 暗室時計 【精工舎】

ボタンをクリックすると拡大





KH INTERVAL TIMER

スモセコ、ルーレット文字板

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
昭和30年頃 高 四寸
幅 三寸六分
文字板 三吋半
毎日捲き、60分タイマー

前頁のタイマーはビー機械のため品質はイマイチですが、 こちらはゼンマイ目覚ましの定番であるニューコロナやコロナの機械を流用したものであるため、よく出来た製品です。 製造期間が長かったようで、いろいろな種類があり、 初期はこのようにスモールセコンドで、後年になるとセンターセコンドに変更になっています。

ルーレットのような文字板と太く赤い夜光針の組み合わせ、これは戦前のヘソ目の暗室時計のデザインを継承しています。 ヘソ目暗室時計は関連ページのリンクより参照ください。

Movement

ベース機械はニューコロナ

天輪をストップさせる機構は欠品していましたが、 お正月休みの時間を利用して部品を作成し(ヤスリで二時間かけて部品を削り出し!)復活させました。

KH印 暗室時計 3 1/2吋夜光支

日本堂商報 昭和30年頃

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 /