TIMEKEEPERのバナー

アンチモニー枠 八日巻

8. イブシ正角波間 【精工舎】

ボタンをクリックすると拡大





No.488 イブシ正角波間

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
昭和12年頃 高 五寸五分
幅 五寸九分
文字板三吋
八日巻ビー機械 、アンチモニー側

精工舎製で「正角波間」という名前がついています。 昭和6年、8年のカタログには存在が確認できず、昭和12年には掲載されていました。 戦争直前に極僅かな期間のみの販売となったモデルと思われ、滅多に見ることが出来ません。

八日巻きのため、アンチモニー枠としてはやや大きめな印象です。 針は昭和12年新発売のオリオンウラビーと同一の形状でガラスは面取りが施されしっかりとしたガラス縁で高級感があります。 四角い文字板を取り囲むように、フグ、波、ヨット、海草、タコ、船、蟹・・・とまるで海の標本箱のような面白さがありますね。 波が3ヵ所あるので、ヒトデと亀さんあたりを参加させてもよかったような気がします。笑

当時のカタログ より

No.488 イブシ正角波間

文字板 三吋
高 五寸五分
巾 五寸九分

昭和12年5月発行 精工舎置時計型録No.58

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 /