TIMEKEEPERのバナー

アンチモニー枠 八日巻

1. ブロンズ枠 餅つきウサギ 【精工舎】

ブロンズ枠 餅つきウサギ

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
昭和初期 高さ 24cm
幅  31cm
文字板三吋
八日巻ビー機械、ブロンズ側

あ〜忙しい、十五夜の餅つき準備を急がなくっちゃ〜。
杵を担いで臼を転がすブロンズウサギ君。
カタログ図版はまだ発見されていませんが、機械は精工舎八日巻ビーで精工舎の昭和初期の製品と思われます。 床の間の置物と見間違うばかりの貫禄です。傑作!

旧暦で秋は7月、8月、9月ですが、その真ん中(仲秋)の月ということで旧暦の8月15日が十五夜です。 これを今の新暦におきかえると9月が旧暦の8月にあたりますが、旧暦ではひと月28日で計算するので その年によって十五夜の日が違います。
古代中国では「月で兎が不死の薬を()く」と考えられていたそうです。 それが日本に伝わってから「月で兎が餅を搗く」と変化したと云われています。 「満月」を「望月(もちづき)」と云いますが、これが「餅つき」と変化したとのことです。

反対側から撮影

八日巻ビー機械

精工舎カタログより

PR




1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / ・ 次頁右向きの矢印