TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 BABY ALARM(舶来)

7. ヘソ形目覚カウベル型 【Mauthe】

ボタンをクリックすると拡大





メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
MAUTHE(マウテ)
(ドイツ)
大正後期〜昭和初期 本体直径11.0 p 毎日巻き、目覚付
真鍮胴ニッケルメッキ枠(Brass Case Nickeled)
紙製文字板

マウテのヘソ目の珍種。 ベルが牛(カウ)などの家畜の首に付ける金属製の鐘鈴の形をしています。 ベルは二本の柱の上にのっていますが、前後に動くようになっており、音色はカラカラ、コロコロといった感じです。 ベルを叩く打玉は通常丸いものですが、これはベルに幅があるため長いバー状の鉄棒がついています。 この鉄棒はネジ込みで、機械を取外す際は事前に取外す必要があります。 構造上欠品しているものも多いと考えられますので、入手する際はチェックしてください。

ベルの絵

左がこの時計のベル、右は同種の別のベル。 どちらも絵がはっきりしませんが同じではないようですので、図柄はいろいろあったと思われます。

機械

テンプの上の丸い板は塵除けです。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / ・ 次頁右向きの矢印