TIMEKEEPERのバナー

特殊機能・デザインの腕時計

3. Citizen アラーム

写真提供 ピン時さん

国産初の目覚付腕時計

常に業界に魁て斬新な製品を提供しているシチズンでは、このたび国産として初の目覚付腕時計シチズン・アラームを完成し、 近いうちに発売することになった。
目覚付腕時計では、ヴァルカンの"クリケット" ルクルトの"メモボックス"等をはじめ外国製品では数々あるが 国産では最初のものである。
ムーブメントの大きさは27mm(側に入る部分の直径12型)総厚5.7mmである。

ムーブメントの機構

この腕時計には二本の巻真があって一つは普通の時計のリューズと同じに「時」のゼンマイ捲きと針合せで、 他方は鳴りのゼンマイ捲きと時刻合せ及鳴止め作用を行う。 機構は本中三針の装置に鳴り輪列とベル打ち装置が加わったもので、はっきりと区別ができ容易に理解できる。

部品の種類は133種で次の通りである。

時計機構 目覚機構
85種 120個 48種 53個 133種 173個

石数は19石で、目覚の時刻を示すには写真に見られるように針の代わりに回転板が用いられている。 これは針にするよりも見易いことと製品としての厚さが薄くなり、 文字板を取る場合に回転板を外す必要がないという利点から採用されている。

操作は鳴りのゼンマイのリューズを捲いてからリューズを引出して 時の針合わせと同じように鳴り時刻を決める回転板を反対方向に廻して時刻を決めてそのままにして置けば良く、 鳴っているベルを止めるにはリューズを押せば良いので至って簡単である。

ベルの音は大きく、腕に付けていれば振動による感触だけでも気付くので、多忙なスケジュールを持つ人は勿論、 旅行者、待合せ、放送関係など時間に密接な関係を持つ人、時間で動作を打切る時、いわばタイマーの役目を果たすのに重宝で、 この腕時計の利用範囲は予想以上に広いのではないかと考えられる。

最終小売価格は、9,200円と決定し、発売時期は6月上旬である。

「時計 1958年6月号」 昭和31年5月発行 より抜粋

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / ・ 次頁右向きの矢印