TIMEKEEPERのバナー

精工舎 EMPIRE(エンパイヤ)系

4. GREAT EMPIRE

メーカー 製造開始年 大きさ 主な仕様
精工舎 1911(明治44)年 16型 アンクル式、16石
チラネジ付切テンプ、巻上げヒゲ
900銀専売側
二段瀬戸引き文字板

画像及び情報提供:ハッピーさん

当時の精工舎の紳士用懐中時計の品質水準を上げた時計で、とても数が少ないため幻の懐中時計と呼ばれる 「グレートエンパイヤ」です。
過去の研究資料では、上記パブリックと混同したのか、平ヒゲであるとか文字板に「GREAT EMPIRE」と 書かれたものは少ない等と書かれていますが、正式なグレートエンパイヤとは、 以下の全てを満たすことが条件であるようです。

  1. 文字板には「GREAT EMPIRE」と表記
  2. 16石、巻き上げヒゲ、切テンプ
  3. 角穴、丸穴車が磨き仕上げされ歯先はクラウニング加工
  4. 受けにダマスキン模様入り

「GREAT EMPIRE」は明治44年5月5日に服部金太郎が 指定商品を懐中時計として商標登録 していますので、文字板には基本的に商標「GREAT EMPIRE」が書かれていると考えるのが素直かと思います。

丸穴車、角穴車の丁寧な仕上げと
切テンプ巻上げヒゲが特徴

グレートエンパイヤ
十六形ケレーメイ々
二枚車巻上切天府
十六石アンクル

製造開始年について

明治44年10月発行の「服部時計店営業一覧」に「精工舎製(瑞西式)十六形器械向爪アンクル石入器械 グレートエンパイヤ」 の記載があります。
明治44年1月発行の「服部時計店定価表」にはエンパイヤが「新キカイ」として掲載されており グレートエンパイヤの記載はありません。以上からグレートエンパイヤの製造開始は明治44年と考えられます。

以下、明治44年10月発行の「服部時計店営業一覧」より抜粋

◎十八金無双側懐中時計 精工舎製(瑞西式)
十八金側七子又ハ梨子地無双
十六形器械向爪アンクル
          金 六拾四円
同 石入器械
グレートエンパイヤ
          金 六拾八円
◎銀片硝子懐中時計 精工舎製
銀梨子地側カルメット式片硝子
十六形器械向爪アンクル
エンパイヤ
          金 拾  円

グレートエンパイヤ
          金 拾参円五十銭

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / ・ 次頁右向きの矢印