TIMEKEEPERのバナー

精工舎 EMPIRE(エンパイヤ)系

2. エンパイヤ別名 LUTECIA、他

LUTECIA

メーカー 製造年 大きさ 主な仕様
精工舎 大正6年11月 16型 アンクル式、7石
チラネジ付丸テンプ、平ヒゲ
900銀専売側
二段瀬戸引き文字板

画像及び情報提供:ハッピーさん

精工舎の「LUTECIA:ルーテシア」。時計そのものはエンパイヤなのですが、文字板に「EMPIRE」とは別の名前が書かれているので エンパイヤの別名と呼ばれます。 別名は大正4年以降に登場し、種類はいろいろありますが、いままで書籍やHPを含め、ほとんど紹介されていなかった未知の分野です。 資料がほとんどなく、サンプルも少ない、さらには業者などが良く判らずに、機械や文字板を入れ替えてしまっているなどの理由で、 まだ全部は解明できておらず、今後研究の余地があります。 現在エンパイヤ別名でわかっている範囲は以下の通りです。

旧(新ではない)エンパイヤの別名

「MARS」,「MERCURY」,「JUPITER」,「VENUS」 「SATURN」(以上、いわゆる惑星シリーズ)
「LUTECIA」,「UNPIRE」,「STATE」,「CANOTO」

新エンパイヤの別名

「UNION」と「LEADER」

これ以外にも「EMPERE」や「EDMOND」という金属エトの付いたものもありますが、これらは交換エトではないか と考えられます。

製造時期は、LUTECIAは大正6年頃、惑星シリーズは大正3年頃に多く製造されたようです。(情報提供:owcさん)

CANOTO

CANOTO

SKS 0.900側

大正10年の十干(じっかん)の「辛(かのと)」を CANOTO とローマ字化したものです。 側はニッケルと銀がありました。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / ・ 次頁右向きの矢印