TIMEKEEPERのバナー

精工舎 TIMEKEEPER (タイムキーパー)

3. TIMEKEEPER 18型

資料1

メーカー 製造開始年 大きさ 主な仕様
精工舎 明治35年(1902年)頃 18型 シリンダー式脱進機、石数不明
ダボ押し剣廻し
片硝子九百銀側(商標 小花印)
三段瀬戸引き文字板

資料2

メーカー 製造開始年 大きさ 主な仕様
精工舎 明治41年(1908年)頃 18型 シリンダー式脱進機、石数不明
ダボ押し剣廻し
片硝子白銅側(商標 ツバメ印)
二段瀬戸引き文字板

資料提供 : ハッピーさん

18型のタイムキーパーです。
機械とケースは製造年代により幾つか種類があるようです。
資料1の九百銀側は裏蓋内側に小花印、資料2のニッケル(白銅)側はツバメ印の商標が入っています。 白銅とはニッケルメッキでない本ニッケル側と思われます。

裏蓋内部の商標

小花印(九百銀側):チビ牡丹

牡丹(九百銀側):デカ牡丹

ツバメ印(白銅側)

軍配(九百銀側)

上の画像のチビ牡丹はカタログ上「小花印」となっています。
牡丹刻印には「小花印」よりも一回り大きいデカ牡丹(20型風のよりリアルな牡丹印:画像右)も存在し、 こちらの方が古いと思われます。

18型機械

資料1

資料2

明治41年精工舎カタログより
十八形片硝子
(資料2と同型と思われる)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / ・ 次頁右向きの矢印