TIMEKEEPERのバナー

E.N.WELCH(ウエルチ)

4. AXTELL.

AXTELL.

E. N. WELCH

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
E.N.WELCH (米) 明治(1880〜1890年代) 全高47cm、文字板八吋 八日捲き、打方付

DROP OCTAGON,のスモール版的な雰囲気ですが、尾部の全体が振子室のドアになっているタイプで、"AXTELL" という名がついています。 西洋時計が輸入され始めた頃は、見栄えのする十二吋文字板などの大型時計が多かったようですが、 時計が一般家庭に普及してくると、これくらいのサイズの需要が多かったようです。 振子室の馬のガラス絵が印象的です。八角の輪郭の玉縁部分に金ぱく(GILT)が貼ってあるタイプもあります。

国産は縁起担ぎの左馬?

掛金とガラス絵

この時計を真似た国産時計もありますが、国産は馬が反対を向いています。 なぜでしょう。 古来より馬は縁起がよい動物といわれており、中でも馬の字を反転させた「左馬(ひだりうま)」は招福のシンボルとされています。 左馬を絵にした場合は、頭が右で尻尾が左の馬となり、国産のコピー時計は縁起の良いとされる左馬にしていると思われます。

背板のラベル

8 INCH AXTELL.

MANUFACTURED BY THE
E. N. WELCH Mfg. Co.
FORESTVILLE, CONN. U. S. A.

機械

地板の刻印

E.N.WELCH MFG. CO
FORESTVILLE, CONN.
U. S. A.

振子

写真提供 ペガサスさん

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 /