TIMEKEEPERのバナー

American Manufacturers

5. DAWN 【INGRAHAM】

DAWN

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
Ingraham(米) 1910年代 本体直径 10.1cm 毎日巻、目覚付き、紙文字板、ニッケルメッキ枠

DAWN(夜明け,あけぼの)という名のイングラハムの目覚時計。 チープですが太鼓形・筒胴タイプで愛らしいですね。

金属枠は材質が真鍮ではなく鉄のため全体に錆が出ています。 裏蓋の下が膨らんでいるのは、鈴が内蔵されているため。 裏蓋には、"PAT DEC 3 1912"と"PAT JAN 14 1913"の特許の刻印あり。 丸い取っ手の中に見える、丸いボタンで目覚ましのON/OFFをセット。 機械は、目覚ましのゼンマイが上部にある変な設計です。 約100年前のものですが、分解掃除して天真を研磨しただけで、うるさいほど元気に、精度も日差1分以内で動いてビックリです。

文字板

紙文字板

MANUFACTURED BY THE E.INGRAHAM CO.,
BRISTOL. CONN., U.S.A.

文字板は12時と7時附近に取り付けられた二箇所の金具で機械に固定します。 二箇所のバランスが悪く安定感はイマイチ。

機械

下に付いているのが、小さめの鈴。 テンプと鈴をたたく打ち玉がすぐ近くにある、珍しいというか強引な構造の機械です。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / ・ 次頁右向きの矢印