TIMEKEEPERのバナー

日巻鐡製置時計

4. タイム置時計 頭丸金柱オルゴール 【精工舎】

No.712 頭丸金柱オルゴール

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
明治末〜大正 幅 六寸二分
高 六寸六分
文字板 四吋
毎日巻、天府振、オルゴール目覚付、鐡製黒塗

精工舎の日巻鉄製置時計の中では数が少ないオルゴール目覚付です。 ゼンマイは鍵を使って巻き上げるタイプですので、裏蓋を開けて底に収納された専用の鍵で巻きます。 錆はありますが、あまり使用されなかったのか金柱や本体の金彩色もしっかり残っています。 機械も含め全体的に良いコンディションを保っている貴重な一台です。

推定製造年代は大正時代中期、文字板の6時下に MANUFACTURED BY SEIKOSHA, TOKYO, JAPAN. とあるためです。

金柱と文字板

文字板は紙製

MANUFACTURED BY SEIKOSHA, TOKYO, JAPAN.

文字板の商標は PERFECT TIME-KEEPER ではなく、一般的な TRADE 鍵S MARKです。

機械

機械全体

地板に鍵S刻印あり

シリンダーオルゴール

曲譜は「鉄道唱歌」

鉄枠の底

巻鍵と曲譜ラベル

曲譜ラベル

Tetsudo Shoka

曲譜ラベルのマークから、 搭載されたシリンダーオルゴールはスイスの MERMOD FRERES(メルモード フレール)製であることがわかります。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / ・ 次頁右向きの矢印