TIMEKEEPERのバナー

八日巻鐡製置時計

6. 鐡製黒塗 カウント金柱 【精工舎】

第七五四號 鐡製黒塗 カウント金柱 鍵S商標印商標

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
明治末〜大正 高 一尺
幅 八寸八分
文字板 五吋半
八日持(八日巻き)、振玉付(振り子式)、時打付
塗エトウ

写真提供 : いっぽさん

八日巻きの黒塗り鉄製枠の時計で、 日巻きの製品と比較して、重厚なつくりになっています。
文字板はペイントでこの時計は状態が良いですが、塗装にヒビが入ってあちこち剥げているものが多いようです。 機械はボンボンの機械で、香箱なし。
左右の柱が銀色の「No.753 カウント銀柱」もありました。 金柱の方が人気だったのか銀柱はあまり見かけません。

当時のカタログから

大正2年7月 精工舎カタログ

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / ・ 次頁右向きの矢印