TIMEKEEPERのバナー

木製置時計

5. 内雁木 木置頭丸 【精工舎】

ボタンをクリックすると拡大





No.1451 内雁木 木置頭丸

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
昭和初期 文字板四吋半、高さ八寸、巾六寸 八日巻玉振、本打方三十分打、木地塗木象嵌入

関東大震災後の内雁木木置では最もポピュラーな存在です。 当時のカタログには銀色文字板とありますが、この時計の文字板はかなり薄汚れていますが白だと思います。 木象嵌入ですが、どこにあるのか・・・。前面の縁取りのことのようですね。地味〜

機械

八日巻玉振
本打方三十分打

当時ののカタログより

No.1451 内雁木 木置頭丸

銀色文字板四吋半
木地塗木象嵌入
高八寸、巾六寸

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / ・ 次頁右向きの矢印