TIMEKEEPERのバナー

巻き鍵物語

5. 置時計鍵 いろいろ

フランス枕鍵

右:小型から、左:大形鍵
一番右は鉄鍵

置時計カギ

8日巻の石置や四面ガラス置カギ
右が 精工舎置時計No.20 昭和3年カタログ表紙 にシルエットが有るので精工舎のカギと断定。
左下シルエットが前雁木の石置や四面ガラスの置時計などのカギを示す。
カギ軸の細いほうは、文字盤の上の穴にこれを差し込んで回してS←→Fの調整に使います。

舶来置時計カギ

左からユンハンスマーク刻印入り
右2つはヨーロッパ系のクロックカギ
右はMADE IN ENGLAND刻印有り 

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / ・ 次頁右向きの矢印