TIMEKEEPERのバナー

精工舎 19セイコー(鉄道時計・交換時計)

3. セイコーシャ中三針

メーカー 製造開始年 大きさ 主な仕様
精工舎 1945(昭和20)年 19型 アンクル式、7石
チラネジ付切テンプ
巻上げヒゲ
クロームメッキ側
金属文字板

戦時中に製造されていた一〇〇式飛行時計(鉄道時計をベースにした出車式中三針)の機械を使った懐中時計です。
昭和20年(終戦の年)10月より生産を開始しています。 文字板には12時下に"SEIKOSHA"、6時上に"PRECISION"とあります。この時計の文字板は全数字ですが奇数時が棒時の文字板も あるようです。
側のメッキが剥げ易いようですが、この時計はきれいな状態で残っています。

裏側

100式飛行時計と同じ機械

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 /