TIMEKEEPERのバナー

Seth Thomas(セス・トーマス)

4. Seth Thomas OFFICE No.3

飾り文字STロゴの商標

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
セス・トーマス
(米国)
明治初期 ペイント文字板十吋
全高55cm
八日捲き、打方付

トーマスのオフィスシリーズの掛時計兄弟の三男です。 1863−79年までの8day Regulatorが79年にOFFICE No.3になったもです。
(No.3 1879−1917 1928−1930)

文字板は10吋ペイント文字板、飾り文字STロゴの商標(旧タイプ)とSeth Thomasの文字有り。 ハンダつけの文字板枠を6本の木ネジでケースに止めています。 12吋の文字板には付いていないセンターの飾り環が10吋には付いています。 そのために少し表情が引き締まって見えます。 ケースはROSEWOODやWALNUTの薄皮張。 機械は、No.1,No.2同様のトーマス機械で地板左に S.THOMAS THOMASTON CT. U.S.A、 右にSTの商標8 1/4の刻印有り。 機械の足は背板に直付。巻止装置が付いています。
ボン針台にはSETH THOMAS CLOCK COの浮文字有り。 ラベルは栗色に金彩でSETH THOMAS, THOMASTON CONN., U.S.A 、 巻き鍵はオリジナルか不明。
背面に09810の赤文字スタンプと持ち主の名前が墨書されています。(下写真参照)

背板の墨書

機械

機械全体

地板の刻印

左にS.THOMAS THOMASTON CT. U.S.A
右にSTの商標 8 1/4

10吋ペイント文字板と栗色振子室ラベル

飾り文字STロゴの商標(旧タイプ)と
Seth Thomasの文字

栗色に金彩で
SETH THOMAS,
THOMASTON CONN., U.S.A

振子と巻き鍵

巻き鍵はオリジナルか不明

Catalog Description:

OFFICE No.3 明治25年カタログより

ROSEWOOD OR WALNUT VENEER,POLISHED.
※ VENEERとは・・・日本で言う「ベニヤ板」はPLYWOODといい、
合板の表面に張った薄い板がVENEERです。

精工舎の同時代のOFFICE No.3のコピー「花」10吋中型

精工舎 「花」10吋中型

参考に精工舎の同時代のオフィスNo.3のコピー製品をご覧ください。
明治30年前後の手書き文字板時代のものです。 商品名は「花」10吋の中型。 OFFICE No.3の特徴をよく写していますが、木目はペイントの手書きで、舶来のように薄皮張りまでは出来なかったようです。 ガラス絵も国産は石版印刷の紙を裏から貼っています(よく見ると紙の厚さが盛り上がっている)。 舶来はガラスに裏から直接印刷した?ようで紙の厚さを感じません。
舶来と比べるとすべての仕上げに差が有りますが、そこがまた微妙な味わいとなって国産の魅力を感じませんか?
ちなみにNo.1のコピーは大阪時計では「雲形」、No.2は精工舎は歌舞伎で有名な「和籐内」というネーミングにしています。 どこから関連付けたのでしょうか?

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 /