TIMEKEEPERのバナー

尾張時計

6. 国産ハバナ

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
尾張時計製造合資会社(名古屋) 明治 全高65cm、文字板六吋 八日持、打方付、ペイント文字板(交換されているがオリジナルは馬商標)

機械

尾張時計のものらしいですが刻印なし、ボン針台もノーマーク。

アンソニアと比べると貧弱なギボシ

人面飾り

ケースのラベルは判読不能。 茶褐色のニス塗、アンソニアのハバナを上手くコピーしているが全体に華奢な作りで軽い。 涙の滴と呼ばれる両そでのteardropのギボシの部分がやせて、オリジナルアンソニアと比べると貧弱。 名古屋の各社は同じものを作っているが何れの形も同様である。 硝子絵もアンソニアをコピーしている。

当時のカタログ

明治30年代の尾張時計の輸出用カタログより

(尾張時計合資会社の時代)

アンソニアの teardrop shelf clock とよばれる置きタイプのバリジャンのスタイルであるが、 ハバナの掛タイプも同様にあったものと思われる。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 /