TIMEKEEPERのバナー

大沢商会時計工場

3. 十吋八角鋲打

大沢商会 十吋八角鋲打

全高55cmの鋲打。 振子室ラベルは十吋花と同じ。 機械も十吋花と同じで、セス・トーマスを模擬したもので、地板に刻印等は無い。 文字板はペイント・オリジナルで、6時上に「Tokei Yokamaki」とか書かれている部分に、 特殊な活字で「One Week」とある。 商標マークは残念ながら剥落しているが、存在していたことは確認できる。

機械

トーマス式の3番車が大きいタイプ

文字板

One Week

残念ながら商標はほとんど剥落して判読できず

振子と巻き鍵

巻き鍵に「贈物」と真面目な線刻がある

修理伝票

この時計には、修理伝票が重ねて貼られてました。 最も古い物は、大正から昭和に変わった過程のようです。 「大正」何年と書いた形跡が有りますが、この下に「昭和二?年一月三日」とあり、「第六号」です。 次は昭和10年3月4日で「第287号」です。 最後は昭和25年12月2日で「第994号」です。 この富山県出町の時計屋さんでは、年間平均40数台の修理をしていたことが窺えます。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / ・ 次頁右向きの矢印