TIMEKEEPERのバナー

木製オルゴール置時計

2. 木製頭丸オルゴール 【精工舎】

資料 1,2

文字板商標無しタイプ
オルゴール譜「蛍の光」

文字板鍵S商標印商標タイプ
オルゴール譜「靴がなる」

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
大正末〜昭和初期 高 七寸
幅 五寸
文字板径三吋半
毎日巻き、 オルゴール付、 木枠
七円十銭(昭和8年精工舎カタログより)

基本的な構造は木製角形と一緒ですが、こちらの頭丸のほうが高級感ある仕上げになっています。 ケース前面には振り子のように見える絵が描かれています。 オルゴールや蓄音機にもこれに似たデザインの絵や透かし彫がありますので、 振り子の絵ではなくて音楽を奏でるというイメージをあらわしたデザインと考えたほうがよさそうです。 裏蓋を開けると掛時計用の半分くらいの大きさのカギが収納されていて、 このカギで時計とオルゴールのゼンマイを巻きます。

この頃のオルゴールの楽譜の種類は、軍艦マーチ、花咲爺、天然の美、蛍の光、越後獅子、桃太郎、靴が鳴る、鉄道唱歌、 (精工舎掛時計、置時計No.53、大正15年5月発行より)があり、これを集めるのも楽しそうです。
文字板には何故か精工舎の商標があるものと無いものがあります。

機械とオルゴール

金色の機械の下にオルゴールが付く

資料 3 天然の美

ボタンをクリックすると拡大





文字板鍵S商標印商標タイプ

オルゴール譜「天然の美」
ガラスケースに入っていたため良好な保存状態

カタログ図版

No.952 木製頭丸オルゴール

精工舎掛時計、置時計No.53
大正15年5月発行より

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / ・ 次頁右向きの矢印