TIMEKEEPERのバナー

国産初期の自動巻き腕時計

2. シチズン オート

Citizen Auto
20 JEWELS PHYNOX
メーカー 製造開始 主な仕様
シチズン
CITIZEN
1958
昭和33年
自動巻き、20 or 21石
ケース材質は、テンレススチールかGF(40μ金張り)

国産初の自動巻きセイコーオートマチック発売の3年後に登場した シチズン製の初代自動巻き腕時計です。

以下、発売開始時の商品説明をご紹介します。

新製品自動捲腕時計 シチズンオート

新製品自動捲腕時計「シチズンオート」は、時代のスピード化に適応したもので、種々の面に検討を重ね長期の研究と試験の結果、 自信をもってこのたび売り出すことになった。

この機械の大きさは総厚6.7mm,外径31mm,石数20石で時計機械に16石,自動捲装置に4石入っている。
4石の内訳は錘回転軸の上下軸受に2石と回転軸に押込まれたカムをはさむ二つのコロの2石である。

特徴

「時計 1958年6月号」 昭和31年5月発行 より抜粋

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 /