TIMEKEEPERのバナー

栄計舎 EIKEISHA

1. 栄計舎の概要

工場全景

江戸川区西瑞江4-14

株式会社栄計舎は、大正14年8月18日に創業、掛時計を製造。 所在地は、当初は東京都荒川区南千住7-77 であったが、昭和11年以降に東京都江戸川区西瑞江4-14 に移転。 商標は「星にAK」のマークか、「EIKEISHA」あるいは稀に「EIKESHA」である。 活動期は大正末あるいは昭和初期から昭和30年代にかけてと思われる。

時計店向けの製品案内

昭和16年6月12日消印

昭和20〜30年代の資料から

昭和12年業界マーク大鑑より

所在地と歴代の状況

栄計舎の主な活動場所となった江戸川区西瑞江4-14 は、現在は環七通りと新大橋通りの交差点の北東側にあたる場所で 都営団地らしき建物が建っています。 当該地の戦前から都営団地の完成までを、時系列で確認すると以下の通りでした。

年 月 日 状 況
1936.06.11 何もなく田んぼだけが広がっている
1944.10.16 栄計舎の社屋と工場ができている(工場の棟が少なく中庭になっている)
1947.07.24 中庭を整地し始めているような様子がある
1947.09.08 同上、整地が進んでいるように見える
1949.03.03 増築完成、栄計舎の社屋工場そのままの姿が映っている(これより前には新中川・環七通りはない)
1957.03.29 周囲に建売住宅が建ち並び始め、新中川の掘削工事が始まっている
1963.06.26 新中川が完成、建売住宅が増え、葛西工業高校が建設されている(ここまで栄計舎の社屋工場はそのまま映っている)
1966.06.29 栄計舎が完全に解体され、更地となっている
1966.08.24 跡地の造成が進んでいるように見える

参考サイト:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの写真

終焉の時期について

「日本時計協会30年史」では栄計舎の会員期間が1964年までとなっています。 空中写真を調べた結果では、栄計舎の社屋は1966年になると確認できずまた土地は都有地となったことから 東京の地での栄計舎の活動は1965〜1966年頃が最後と考えられます。

その後については、 時計事典(3版1968年版)巻末の時計業界3年小史(1964-1966)に 「1966年(昭和41年) 3月16日 掛時計メーカー栄計舎は山梨工場完成で披露。」 と記載があり、工場を山梨に移して事業を継続したことが確認できました。 しかし、この山梨工場は社長の体調悪化により長くは続かず、1970年(昭和45年)に工場を閉めています。(工場閉鎖時期は伊藤社長のご令孫様からの情報)

「星にAK」の商標は 株式会社 エイケイ舎 に受け継がれています。

PR




1 / 2 / ・ 次頁右向きの矢印