TIMEKEEPERのバナー

敏工舎 BINKOSHA

1. 宮型スリゲール

ボタンをクリックすると拡大





六吋宮型スリゲール
Model S hour striking

機械は〇にSIB商標、文字板は三日月猫

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
敏工舎(名古屋市中区) 昭和初期 全高47cm、幅20p、5吋ペイント文字板 八日捲き、打方付(Model S)

名古屋の敏工舎(びんこうしゃ)の宮型スリゲールです。 敏工舎は昭和6年に創業したものの経営困難から昭和8年に解散したとされていますが、 社史、製品とも情報が少なくともに解明が待たれるところです。 製品としては、この宮型スリゲールのほかに、グレシャム、八角尾長など当時の一般的な形状の掛時計と、一部置き時計の存在を匂わせる部品を確認しています。

BINKOSHAの浮き文字

製品の様子ですが、「組立時計」の印象です。 宮型の箱は材料、造りともに普及品の品質。 文字板はいかにも当時の名古屋ものっぽいですね。 機械は名古屋各社で共通した設計のModel Sと呼ばれるタイプで商標刻印があります。なお打方に半打ちはありません。 ボン針台にはBINKOSHAの浮き文字があります。 全体として関連ページに掲載してある矢島リバー号とよく似ています。 敏工舎は、メーカーとしての活動期間が短期間だったこともあり、また名古屋という土地柄から、 部品は界隈から調達して組み立てのみを行っていた「組立会社」だったのかもしれません。

6吋ペイント文字板

三日月に猫

この時計の一番の見どころは、文字板の商標です。 敏工舎の商標の 「TRADE 〇にSIB MARK」 ではなく、なぜか 「TRADE 三日月猫 MARK」 です。 ねずみな感じもしますが、たぶん猫です。 時計の商標は無数にありますが、可愛いデザインと思えるものはほとんどありません。 何故、このマークにしたのか興味深いところです。 文字板は6吋とやや小さめで中央が凹んだ形になっているため、文字板と針の間が一般の時計より大きめです。 そのため、時刻合わせの際に指が文字板に接触することなく、文字板が良い状態で残っていました。

PR


本記事はこの頁だけです。